白く美しい歯の状態にするためには審美歯科を受診しよう

発生する費用を把握する

医療費控除を活用しよう

審美歯科とは、文字通り美しさを追求する歯科の事です。 虫歯治療や歯周病治療などの他に、歯並びの矯正やホワイトニングなどの見た目を良くする治療を行います。 ですので、歯を美しくする審美歯科は健康保険対象外の自由診療となっており、高額治療なのです。 ですが、日本では医療費控除制度があります。 1年間の医療費の合計が10万円を超えた分に対して適応されます。 もちろん審美歯科での治療も医療費控除対象となるので、利用しない手はありません。 知らないと非常に損をしてしまうのです。 医療費控除は治療費だけでは無く、通院費も控除の対象となるので日付と金額をメモしておきましょう。 ちなみに、医療費控除の還付金は申告後1ヶ月後に指定口座に振り込まれます。

審美歯科での治療費の目安

審美歯科は、自由診療です。 ですので、それぞれの医院が金額を決めてよいため、治療費にばらつきがあります。 一般的な費用の目安としてご紹介させてもらいます。 クリーニングと呼ばれる歯垢や歯石を除去し、更に歯の本来の白さを取り戻す治療があります。 その費用は、前側だけで安くて5000円。 全体の治療では、安くて8000円となっています。 最近人気のある黄ばんだ歯や黒ずんだ歯を白くするホワイトニングの治療費は、大体1本あたり1000円から4000円が平均的です。 ホワイトニング治療は、1度では終わらず2回から3回治療して完了となります。 ですので、上の歯6本・下の歯6本の計12本を3回治療すると、安くて36000円程度かかる事になります。 これは治療費のみの価格となり、その他に検査と診察料、麻酔代などがかかりますのでご注意ください。